“吾手”の読み方と例文
読み方割合
わがて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この一刻のから生ずる永久の苦痛がその時卒然として、代助の頭を冒して来た。彼の唇は色を失った。彼は黙然として、我と吾手を眺めた。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
代りて酌する彼の想は、吾手男の胸元刺違ふるを押当つるにも似たる苦しさに、から洩出づる声も打震ひて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
幸兵衞が手前へ引く刀尖深く我と吾手で胸先を刺貫き、アッと叫んで仰向けに倒れる途端に、刄物は長二の手に残り、お柳に領を引かるゝまゝ将棋倒しにお柳と共に転んだのを
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)