“前人”の読み方と例文
読み方割合
ぜんじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古玩は前人の作品なり。前人の作品を愛するはしも容易のにあらず。われは室生犀星の陶器を愛するを見、その愛を共にするに一年有半を要したり。
わが家の古玩 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
余が博士を辞する時に、これら前人の先例は、も余が脳裏めかなかったからである。——余が決断を促がす動機の一部分をも形づくらなかったからである。
れはしかじかの事を、しかじかに、しかじかに感じたり、その観方も感じ方も、前人籬下に立ちて、古来の伝説に支配せられたるにあらず、しかももっとも正しくして
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)