“切花”の読み方と例文
読み方割合
きりばな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
形は手毬の様に円く大きく盛上り、色はつた種種複色を出して、中にはえた緑青色をした物さへある。すべて鉢植でなく切花硝子罎に挿して陳列して居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
「そうだ、その花だ。切花でもいい。鉢植えでもいい。これは理窟に合っているぜ」
一坪館 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その後の清子さんは、切花や、鉢植の西洋花を売る店をひらいた。
遠藤(岩野)清子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)