“処柄”の読み方と例文
読み方割合
ところがら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは処柄から止むを得ないであろう。もそのウラには、寧ろ貧民窟に近い長屋式の家が、ゴチャゴチャしている事が表通りから見える。
手をいたの、一人で大手を振るもあり、笑い興ずるぞめきにって、トンカチリと楊弓聞え、諸白するごとの煙、両側のめて、処柄とて春霞、神風に靉靆く風情、の影も深く、浅く
伊勢之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「なるほど、この酒は飲める、処柄だけに味が上品である」