“使賃”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
つかひちん66.7%
つかいちん33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“使賃”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸4.8%
文学 > 日本文学 > 記録 手記 ルポルタージュ1.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかるに作者先生さくしやせんせい、物にかん先生でございまして、茫然ぼんやりとしてりますから使賃つかひちんをやらない。
西洋の丁稚 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
の手紙を矢部やべところつてまゐれ、たゞいてればいんだよ返事はらないから、さア使賃つかひちん牡丹餅ぼたもちらう。
日本の小僧 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
お使いの出来る範囲も大抵は浅草界隈に限られているので、遠方でもお使賃つかいちん欲しさに頼まれはするが、当てにならぬという。
東京人の堕落時代 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)