“仕成”の読み方と例文
読み方割合
しなし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宿入に出すが如き仕成にて名代にはしけるに彼の仲間の若者は萬八のれより向島の花見と云ひなしその花街の櫻の景氣を見んと言ひ立ち伊勢五の養子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
つゝ賊難にりたるは如何なる前世の宿業にやとめ候より外に致し方無之と申立ければ越前守殿假令弟十兵衞が何と申共一日や二日で歸村の成る所にも非らざればても止むべきが兄たる者のならずや其方が仕成方甚だ以つて其意を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)