“仕形”の読み方と例文
読み方割合
しかた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と差配になったのが地声で甲走った。が、それでも、ぞろぞろぞろぞろと口で言い言い三人、指二本で掻込仕形
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
背負つてる絵を見る)むゝ、其処で、(仕形しつゝ)とつて面白がつて居たんだな。で、俺がう近く来たから、怒られやしないかと思つて、其の悪戯めたんだ。
紅玉 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
(背負ってる絵を見る)むむ、そこで、(仕形しつつ)とやって面白がっていたんだな。処で、俺がこう近くに来たから、怒られやしないかと思って、その悪戯めたんだ。
紅玉 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)