“人妖”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じんえう50.0%
じんよう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
誅戮せらる、きもの人妖
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
人妖
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
京都に於て、当時第一の名門であつた、比野大納言資治卿(仮)の御館の内に、一日人妖しい奇怪なる事が起つた。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)