“妖人”の読み方と例文
読み方割合
ようじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「きょうは妖人を獄からひき出して、断乎、斬罪に処するつもりです。まさか母上までが、あの妖道士に惑わされておいでになりはしますまいね」
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかし、竹童がめたおされたのも目撃したし、その魁異妖人のすがたは、夢寐にもれていない仇敵である。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
官衣の妖人があらわす奇異に
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)