“五寸釘”の読み方と例文
読み方割合
ごすんくぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、砂地引上げてある難破船の、かに其形めてる、三十見覺えのある、にかゝつて、五寸釘をヒヤ/\とんで、また身震をした。
星あかり (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「もう一つは、そこにびた五寸釘を立てて置きましたが、路面に垂直に、小さいいていますよ」
疑問の金塊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
終戦と同時に、入口の戸は五寸釘打付け、窓も全部板を当てて釘付けにして来たのであるが、二階の明り取りの硝子をこわして、中からあけたので、簡単に破られてしまった。
硝子を破る者 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)