“久兵衛”の読み方と例文
読み方割合
きゅうべえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長浜城の足軽頭木村大膳の手についている足軽で、どういうところから来た名まえか、市脚久兵衛と名のる男だった。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
久兵衛もまぐろとなると平均してみっちゃんには及ばない。この一心太助にして、これはいかなるわけかといささか懐疑の念を抱かざるを得ない。
握り寿司の名人 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
染め物屋とは言いながら、理解のある義気に富んだ町人として、伊勢屋久兵衛の名は縫助もよく聞いて知っている。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)