“中坂下”の読み方と例文
読み方割合
なかざかした100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
内のさんか、あらず、の婆さんか、あらず、お茶をいてる抱妓か、あらず、猫か、あらず。あらず。あらず。湯島天神中坂下の松の源ちゃんである。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
幾らか頂戴したら早く引きますと云わぬばかりに故意く引出し、天神の中坂下を突当って、妻恋坂を曲って万世橋から美土代町へ掛る道へ先廻りをして、藤川庄三郎は
松と藤芸妓の替紋 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
思わず、どこか近所へ逃げこむつもりで、息せききって駈けつけて来たのが、中坂下を通り、堀留の横町から真っ直ぐもちの木坂へ登ろうとするの屋敷——西丸御書院番、大迫玄蕃の住居
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)