“世音”の読み方と例文
読み方割合
せおん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時により、そんな世音も、心ある者には、北条治下の世の将来に、安からぬ予感をいだかせていたには違いない。亀ヶ谷寿福寺の一禅僧が、画賛の詩に
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
明日知れぬおそろしい世音の暗い風が——そのままここ揚子江に近い夜空いちめんな星の色にも不気味な凄涼の感をのごとく流している今夜であった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かなおの姿とちがって、老臣の彼のひとみには、戦下の世音が、ギラギラとれている。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)