“上髭”の読み方と例文
読み方割合
うわひげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
茸は立衆、いずれも、見徳、嘯吹上髭、思い思いの面をり、括袴脚絆、腰帯、水衣に包まれ、揃って、笠を被る。塗笠、檜笠、竹子笠、の笠。
木の子説法 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「額広く鼻は高く、きれの長い末上りのきつい目、の無いような耳、おとがい細く一体に面長で、上髭薄く、下鬚らに、身のたけはすらりと高い方で。」
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
顔も大きいが身体も大きくゆったりとしている上に、職人上りとは誰にも見せぬふさふさとした頤鬚上髭頬髯無遠慮やしているので、なかなか立派に見える中村が
鵞鳥 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)