“上女中”の読み方と例文
読み方割合
かみじょちゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その騒がしさに不審を打ちましたものか、持田様のお嬢様と、そのお気に入りのお上女中のお柳さんというお方が、奥から出て参られ
怪しの者 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
今では上女中を勤めているので、ど家族の一員のように親しまれていて、そのせいと云う訳でもないけれども、この女だけ初めからの呼び癖で、特別に「どん」附けにされていた。
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
なにしろ今から四十何年の昔のことでござりましてそのころは京や大阪の旧家などでは上女中には御守殿風の姿をさせ礼儀作法は申すまでもござりませぬが物好きな主人になりますと遊芸などを
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)