“一郷”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いちごう33.3%
いっきょう33.3%
イツキヤウ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
伝吉の見事に仇を打った話はたちまち一郷の評判になった。公儀も勿論この孝子には格別のめを加えなかったらしい。
伝吉の敵打ち (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
現に「農家義人伝」は「伝吉、一郷悪少と共に横逆を行えりと云う。妄誕弁ずるに足らざる也。伝吉は父讐を復せんとするの孝子、這般無状あらんや」と「木の葉」の記事を否定している。
伝吉の敵打ち (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
此は一郷精進と称すべきもので、附属条件として、大原の雑魚寝・筑波の嬥歌会などの雑婚の風習が伴つて来る。
盆踊りと祭屋台と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)