“アイス”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:あいす
語句割合
高利33.3%
高利貸33.3%
16.7%
氷菓子16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで、紳士も高利アイスなどを借りん内は武士の魂よ、既に対高利たいアイスとなつたら、商人根性にならんければ身が立たない。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
「それは固より御同感さ。けれども、紳士が高利アイスを借りて、栄と為るに足れりとふに至つては……」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
蒲「さうさう、そんな話を聞いたつけね。然し、間には高利貸アイスの才取は出来ない。あれは高利を貸すべく余り多くの涙を有つてゐるのだ」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
僕も三度ほどなやされたが、柔能く剛を制すで、高利貸アイスには美人が妙! 那彼あいつに一国を預ければすなはちクレオパトラだね。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
半分は口直しのつもりであとからアイスクリームを一杯取って貰った。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
若い人びとはビロード張りの長椅子にだらしなくりながら氷菓子アイスを食べたり、煙草をくゆらしたりしていた。