“りゅうせん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
龍泉37.5%
劉先12.5%
柳仙12.5%
柳川12.5%
柳遷12.5%
竜泉12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
佐備さびごう龍泉りゅうせんの里という。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「よく分りませぬが、龍泉りゅうせんの郎党はもとより、日ごろ語ろうていた附近の若者ばらも糾合きゅうごうし、かつは中院ちゅういん雑掌俊秀ざっしょうとしひでも、けさから姿を失せたといわれております」
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
荊州には、鄧義とうぎとか劉先りゅうせんなどという旧臣が守っていたが、もう幼主劉琮りゅうそうは殺され、襄陽じょうようはおち、軍民すべて曹操の下に服してしまっているので、
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「……もう古い事ですわ。明治二十年頃のお話ですからね。畿内の小さな大名植村駿河守するがのかみという十五万石ばかりの殿様の御家老の家柄で、甘木丹後あまきたんごという人の末ッ子に甘木柳仙りゅうせんという画伯えかきさんがありました」
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ある筈よ。ホホ。柳遷りゅうせんとか柳川りゅうせんとか色々署名サインしていたそうですが、その人が御維新後のその頃になって、スッカリ喰い詰めてしまって、東海道は見付みつけ宿しゅく等々力とどりき雷九郎という親分を頼って来て、町外れの閑静な処に一軒、うちを建ててもらって隠棲しておりました。
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ある筈よ。ホホ。柳遷りゅうせんとか柳川りゅうせんとか色々署名サインしていたそうですが、その人が御維新後のその頃になって、スッカリ喰い詰めてしまって、東海道は見付みつけ宿しゅく等々力とどりき雷九郎という親分を頼って来て、町外れの閑静な処に一軒、うちを建ててもらって隠棲しておりました。
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
舌上ぜつじょう竜泉りゅうせんなく、腋下えきか清風せいふうしょうぜざるも、歯根しこん狂臭きょうしゅうあり、筋頭きんとう瘋味ふうみあるをいかんせん。いよいよ大変だ。ことによるともうすでに立派な患者になっているのではないかしらん。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)