“龍泉”の読み方と例文
新字:竜泉
読み方割合
りゅうせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「よく分りませぬが、龍泉の郎党はもとより、日ごろ語ろうていた附近の若者ばらも糾合し、かつは中院雑掌俊秀も、けさから姿を失せたといわれております」
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あなたの態度にやして、ついに舎弟正季どのは、自分だけの手勢を作って、たった今、龍泉の屋敷を捨て、笠置へ行くと広言して出発したそうですぞ。イヤどうも弱ったものだ!
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
佐備龍泉の里という。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)