“ゆがけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
弓懸40.0%
弓掛30.0%
10.0%
決拾10.0%
10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御腰蓑おんこしみのには白熊、鞭をおびられ、白革しろかはのお弓懸ゆがけには、桐のとうの御紋あり、猩々皮しやうじやうがは御沓おんくつ
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
紙縒細工かみよりざいくの矢筒、革細工の弓懸ゆがけなど見事な手並てなみを見せます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
学士は弓を入れた袋や、弓掛ゆがけ松脂くすねたぐいを入れたかばんを提げた。
岩石の間 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
弓掛ゆがけはずして、縁側で、手刻みの荒い葉を煙管きせるにつめていると、
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
満を持してまさに射はなすたまゆらはかすけかるらしゆがけふるへつ
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
彼はゆがけひもを解いて、その隠れた静かな場所に気の置けない得右衛門を迎えた。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
庄屋しょうやらしいはかまをつけ、片肌かたはだぬぎになって、右の手にゆがけかわひもを巻きつけた兄をそんなところに見つけるのも、お民としてはめずらしいことだった。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)