“ひとみしり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
人見知75.0%
羞恥25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白痴ばか婦人おんなを見て、またわしが顔をじろじろ見て、人見知ひとみしりをするといった形で首を振った。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
白痴ばか婦人をんなて、またわしかほをぢろ/\て、人見知ひとみしりをするといつたかたちくびつた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
女は近よりて、やにはにわが手をぐとりぬ。われは恐れと羞恥ひとみしりとに、泣かむとせしも、辛うじて涙かくしぬ。
筬の音 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)