“ひぐるま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
向日葵62.5%
日向葵12.5%
日車12.5%
火車12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
向日葵ひぐるま向日葵囚人馬車の隙間すきまより見えてくるくるかがやきにけれ
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
われらいま黄金こがねなす向日葵ひぐるまのもとにうたふ。
思ひ出:抒情小曲集 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
暮れてゆく夏の思と、日向葵ひぐるま
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
日車ひぐるまつぼみを持っていまだ咲かず、牡丹ぼたんは既に散果てたが、姫芥子ひめげし真紅まっかの花は、ちらちらと咲いて、姫がものを言う唇のように、芝生から畠をかぎって一面に咲いていた三色菫さんしきすみれの、紫と、白と、くれないが、勇美子のその衣紋えもんと、そのきぬとの姿に似て綺麗である。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
自ら設けた火車ひぐるまの死陣の中に魏兵は火をかぶって戦うほかなかった。のみならず魏勢は谷間や山陰の狭路に埋伏まいふくしていたので、その力は分裂しているし、主将の命令は各個に一貫していない。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)