“日車”の読み方と例文
読み方割合
ひぐるま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日車を持っていまだ咲かず、牡丹は既に散果てたが、姫芥子真紅の花は、ちらちらと咲いて、姫がものを言う唇のように、芝生から畠をって一面に咲いていた三色菫の、紫と、白と、
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)