“こうじつあおい”の漢字の書き方と例文
語句割合
向日葵100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
麗子さん、今度はハッキリ読めそうよ、随分素晴らしい凸レンズね——聞いて頂戴、最初は向の字——その次は日の字——、それから葵という字——、向日葵こうじつあおいと書いて、ひまわりと読むんでしたね、その次は、に、、を、与えよ——続けて読むと『向日葵ひまわりに眼を与えよ』となるワ。
向日葵の眼 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)