“はながた”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
花形75.0%
花形役者12.5%
花模12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その話でわかるように、男は、新興しんこうミマツ曲馬団の新団長黒川であり、また女は、花形はながたの房枝であった。
爆薬の花籠 (新字新仮名) / 海野十三(著)
贄卓にへづくゑ花形はながたの燭臺、そのほかの飾をば肩胛かひがらぼね脊椎せのつちぼねなどにて細工したり。
どこの町でも魚類売さかなうりは行商人あきないにん花形役者はながたで……早乙女あんにゃんが採った早苗なえのように頭の天頂てっぺん手拭てのごいをチョット捲き付けて、
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
今は帝室技芸員とかになっている金沢の人が、随分永々苦心して得た焼で、器物の上の方につけてあった釉薬うわぐすりが、焼いている間に適当に流れ落ちて面白いしまをつくり、所々に薬が結晶して、同心円の繊細な花模はながたが出来ているのである。
九谷焼 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)