“つくも”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツクモ
語句割合
九十九66.7%
33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天草諸島を最も近く俯瞰ふかんする眺望はすぐれており、またここへ来て、はじめて島原の九十九つくも島を望見しることにおいて
雲仙岳 (新字新仮名) / 菊池幽芳(著)
この大きな盆景を隔ててまゆ山の秀麗な峻峰しゅんぽうと相対し、眉山の裾をひく不知火しらぬいの海には九十九つくも島が絵のように浮んでいる。
雲仙岳 (新字新仮名) / 菊池幽芳(著)
平生へいぜいは僧侶でも婦人でもちょっとつくもって垂流たれながしをやるですが、この時はそういう訳に行かんです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
僧侶及び婦人、在家の男子でも少し心掛けのある者はみなつくもって小便をする。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)