“ぢむし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
地蟲66.7%
蠐螬33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
淺い地蟲ぢむしがら
太陽の子 (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
「だから名乘つて出ました。どんなお仕置にでもして下さい。その代り親分、錢形の親分さんを見込んでお願ひ申します。寅五郎に奪られた土地を親仁に返してやつて下さい。親仁は地蟲ぢむしのやうなもので、土がなくちや生きて行けない人間です」
それをば太古おほむかしから妖精すだま車工くるましきまってゐる栗鼠りす蠐螬ぢむしとがつくりをった。