“ちょうちょ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
張著33.3%
蝶々33.3%
躊躇33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黄忠はなお振り向いてばかりいて、部下の張著ちょうちょが見えないと嘆いた。趙雲はこれを聞くとまた取って返し、べつな囲みからさらに張著を救い出して走りだした。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ところへ、前線の大将張著ちょうちょから注進があった。急使のことばによると、
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
こがねまる (泣きじゃくりながら)……蝶々ちょうちょ……
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
このうえ躊躇ちょうちょしていたら、った煙管きせるで、あたまのひとつもられまじき気配けはいとなっては、藤吉とうきちも、たないわけにはかなかった。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)