“すいすい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
綏々33.3%
綏綏33.3%
酔睡33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
綏々として蕩たることあり、奔々として良なし、悪貫已につ。罪名宥さず。陥人の坑、今よりち満ち、迷魂の陣、此より打開す。双明の燈を焼毀し、九幽の獄に押赴す。
牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
んや金蓮の怪なる、明器を仮りて以て矯誣し、世をわしい、条にい法を犯す。綏綏としてたることあり。奔奔として良なし、悪貫つ。罪名さず。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
㦣語』は抽斎が国文を以て学問の法程をして、及門の子弟に示す小冊子に命じた名であろう。この文の末尾に「天保辛卯季秋抽斎酔睡中に㦣言す」
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)