“じさま”の漢字の書き方と例文
語句割合
爺様100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
足をえた片手をへ、腰の両提の中をちゃらちゃらさせて、爺様頼んます、鎮守祭礼を見に、頼まれた和郎じゃ、と言うと、船を寄せた老人の腰は
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
亀井戸寄りの町中で、屋台に山形の段々染錣頭巾で、いろはを揃えた、義士が打入りの石版絵を張廻わして、よぼよぼの飴屋爺様が、くたのまくり手で、人寄せにその太鼓をいていたのを
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)