“しんにう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
浸入50.0%
50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
實見はしませんが、御覽り、海面から餘程いあの屏風岩尖頭にも、海草打上げられたですから、秘密造船所内部無論海潮浸入のために、大損害つたでせう
故に無事なるものは午砲を聞きて昼飯を食ひ、忙しきものは孔席かならず、墨突せずとも云ひ、変化の多きは塞翁の馬にをかけたるが如く、不平なるは放たれて沢畔に吟じ
人生 (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)