“しんがくかん”の漢字の書き方と例文
語句割合
神楽観100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
袈裟、僧帽、剃刀、一々に備わりて、銀十添わりぬ。の内に朱書あり、を読むに、応文は鬼門よりで、水関御溝よりして行き、薄暮にして神楽観西房に会せよ、とあり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
ぞと見るに神楽観の道士王昇にして、帝を見て叩頭して万歳をえ、嗚呼らせたまえるよ、臣昨夜の夢に皇帝の命をりて、にまいりたり、と申す。ち舟に乗じて太平門に至りたもう。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)