“しよくさんじん”の漢字の書き方と例文
語句割合
蜀山人100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
毎月やらうとふ事に相成蜀山人数寄屋河岸真顔でございますの、談洲楼焉馬などゝれた狂歌師つて、落語へたまゝいても面白くないから
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
成程南洲も大きかつたに相違ないが往時の偉人をめるりではらぬ、吾々自ら偉人となつた積りで働かなければならぬと、蜀山人が見たといふになりかけた薯蕷のやうに