“しゆつとう”の漢字の書き方と例文
語句割合
出頭100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「懐疑は悲観のなりサ、彼女芳紀既に二十二—三、出頭無しなのだ、御所望とあらば、僕か君の為めに月下氷人たらんか、ハヽヽヽヽヽ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
にアンドレイ、エヒミチは市役所から、相談るにつて、出頭ふと招状つた、で、定刻市役所つてると、もう地方軍令部長め、郡立學校視學官市役所員
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)