“しゅうえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
修慧33.3%
宗衣33.3%
醜穢33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
聞慧もんえ思慧しえ修慧しゅうえとの三慧がそれです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
普化ふけ宗衣しゅうえを着ていれば、髪も切下きりさげでなければならぬが、黒紬くろつむぎ素袷すあわせを着流して、髪だけがそのままでは、なんとなく気がさすし、そこらをウロついている原士はらしの眼を避ける上にも、かたちを変えたほうがよかろうと、昨日も話していたことである。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼は自分の肉体に、あらゆる醜穢しゅうえを塗り付けた後、自分の心の状態が如何に落魄らくはくするだろうと考えて、ぞっと身振みぶるいをした。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)