“しもをとこ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
下男66.7%
33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(中略)下女(中略)何心なくあぜづたひにく向うの、すすきのかげより思ひがけなく、下男横だきにして池中へなげ入れける。(中略)
案頭の書 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「そちは昨日下男と一緒に屋根を繕つてゐたな。骨折は察しるが、身分不相応な働きぢやて……」
その折屋敷の主人は二三人の下男を相手に、頬冠りに尻を端折つて屋根を這ひ廻つてゐた。
ふかき者なるが、此事をもれ聞きて瞋恚のほむらに胸をこがし、をひそかにまねき、『かの女を殺すべし、よく仕了せなば金銀あまたとらすべし』
案頭の書 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)