“きじゃく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
着尺33.3%
喜雀16.7%
喜鵲16.7%
気癪16.7%
飢雀16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何も昔風な着尺ばかりに頼らずに、帯地とか、窓掛とか、新しい様々な用途に進んで行ったら、広々とした世界が開けたでしょうに、この仕事を棄て去ったことは
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
喜雀堂に入る」——僕はペンを持ったまま、その度にこんな言葉を思い出した。
歯車 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
其の替りには貴方幾日何十日お宅を明けて居らっしゃっても宜しいので、貴方のは気癪でございますよ、それをさなければならないと旦那様が仰しゃって
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
日にげたる老翁鍬を肩にし一枝の桃花を折りて田畝より帰り、老婆浣衣し終りて柴門にこれを迎ふれば、飢雀その間をひ井戸端の乾飯
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)