“おくさまぜん”の漢字の書き方と例文
語句割合
奥様然100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
様子やうす奥様然おくさまぜんとしたこしらへで、みな其処そこに寄り集まつておとほりの時刻じこくつてりますので
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
主人が跣足はだしになって働いているというのだから細君が奥様然おくさまぜんすましてはおられぬはずで、こういう家の主人あるじというものは、俗にいうばち利生りしょうもある人であるによって、人の妻たるだけの任務は厳格に果すようにらされているのらしい。
太郎坊 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)