“鱗光”の読み方と例文
読み方割合
りんこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時々突っ立った太股の林が揺らめくと、射し込んだ夕日が、魚の波頭でりつけた刃のように鱗光めかした。
花園の思想 (新字新仮名) / 横光利一(著)
人の気配もせぬので、のぞいて見るとっこの青くいたサイダー瓶の棚の前に、鱗光河魚の精のようなが一人、しょぼんと坐っていた。ぼうと立つのは水気である。
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
それのみか、彼は、牝雄二疋の大きな虎に出会って、あやうく、虎の餌食にされかけたり、この世にはありえぬような大蛇の鱗光に胆を消したりして、そのつど、無我夢中で逃げまろんだ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)