“鬚武者”の読み方と例文
読み方割合
ひげむしゃ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
気が付いた時にはもう広場の真中に駈け出していて、向うから走って来た最前の鬚武者の巨漢ハドルスキーに背後から羽がい締めにされていた。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
その前後に二人の鬚武者が立ちはだかっていた。二人とも笠は持たず、浪人らしい古紋付に大髻裁付袴である。無反りの革柄を押えている横肥りの方が笑ったらしい。
斬られたさに (新字新仮名) / 夢野久作(著)
色の黒い、逞しい鬚武者巨漢の髪毛は、海藻のように額に粘り付いている。今一人の若い男は、あまり固いカラを着けているために、首の周囲が擦れて輪の形に赤くなっている。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)