“鬚侍”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひげざむらい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鬚侍”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
わたしを組み伏せた鬚侍ひげざむらいは、一生懸命になわをかけながら、「今度こそは甚内を手捕りにしたぞ」と、つぶやいていたではありませんか? そうです。
報恩記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
PR