“高文”の読み方と例文
読み方割合
こうぶん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
座蒲団だ——その御書院番士の座蒲団が一枚いているからと言って、官報第何号か何かでその欠員を募集するてエと、願書が何千通山積して、その中で高文をパスしたやつが何百人
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
予また幕末編年史を作り、これを三十年史と刊行して世にわんとせし時、誰人かに序文わんと思いしが、駿りて福沢先生の高文を得ばもっとも光栄なるべしという。
元来この谷郷村は、こうした山奥に在り勝ちな、一村って一家といったような、極めて平和な村だったので、高文の試験準備をしている草川巡査は最初、大喜びで赴任したものであったが
巡査辞職 (新字新仮名) / 夢野久作(著)