“編年史”の読み方と例文
読み方割合
へんねんし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
予また幕末編年史を作り、これを三十年史と刊行して世にわんとせし時、誰人かに序文わんと思いしが、駿りて福沢先生の高文を得ばもっとも光栄なるべしという。