はなむ)” の例文
(三) 孔子は魯の君の後援により南宮敬叔とともに周に行って老子に逢った。別れる時に老子は次の言をけした。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
カンタータを合唱してかなる旅への首途を祝し、銀の台杯に祖国ポーランドの土を盛ってけしてくれた。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
と云うは一つに、彼地にてりし仏蘭西ブザンソンの人、テレーズ・シニヨレにける引手箱なりと云う。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
いよいよ明日は一と先ず郷里へ引上げるというその前夜、長い汽車の旅の児供の眠気ざましにもとかのけを持って私の妻が玄関まで尋ねた時も誰何され、何の用事かと訊問された。
最後の大杉 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
などと、朗らかなけの言葉はあとからあとへと新郎新婦の上にげられる。
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
をもって、私は一個人として新家庭に円満法を一つけ致したい」
凡人伝 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
けする事にする。東海道を
俳句への道 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
老子が孔子にけしたと言われる言は、自己を主張せず理智に拘泥せず、我をしくして世に順応せよと教えた点において、『老子』の思想を一句に表現していると見ることもできる。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)