“風帯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふうたい50.0%
ふうてえ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雪の羅衣に、霞の風帯、髪には珊瑚簪花いと愛くるしく、桜桃に似る。いや蘭の葉そのものの如きかな手ぶり足ぶり。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
オイ飯を食わしてくれろッてえんで帰っての今朝自暴一杯引掛けようと云やあ、大方男児は外へも出るに風帯が無くっちゃあと云うところからのことでもあろうが
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)