“靈屋”の読み方と例文
新字:霊屋
読み方割合
たまや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
家康の命日、孝高の命日にも精進をせず、江戸から歸つても、孝高、長政の靈屋でぬやうになつた。
栗山大膳 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
無量山壽經寺が徳川幕府時代所謂傳通院殿のお靈屋と澤藏司稻荷で有名になり、大奧の尊崇を集めて、江戸の一角に儼然たる威容を持したことは、改めて言ふまでもないことですが
ところが支那のごく古墳には、にお靈屋のような建築があつたものもあり、それに使つたなどが發見せられるのでありますが、日本ではそんなものはこうありません。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)