“霊前”の読み方と例文
読み方割合
れいぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時々取り出しては慈母霊前ずくがごとく礼拝した「この人形の折檻がなかったら自分は一生凡々たる芸人の末で終ったかも知れない」
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
かえって高尚らしくも聞こえるけれども、それは慈善をなすときか、友人を祝うときか、霊前うるときのことで、事業のためには、金銭は単に無心無情の器械である。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
終りに、この一文を、同行四人の中、馬術の達人であった神田憲君の霊前げる。
火と氷のシャスタ山 (新字新仮名) / 小島烏水(著)