“長大息”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちょうたいそく66.7%
ためいき13.3%
ちやうたいそく13.3%
しんこきゅう6.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“長大息”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
一は雕虫ちょうちゅうの苦、推敲すいこうの難、しばしば人をして長大息ちょうたいそくを漏らさしむるが故である。
十日の菊 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「まったく不思議な○○獣だ」と、敬二は自分で撮った写真をじっと見つめながら、長大息ちょうたいそくをした。
○○獣 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「あゝあゝ、しかたがねえ!」と長大息ためいきをついて、予算の半分ほどもない財布を母に渡した。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
八畳では寝つかれぬと覚しく、おりおり高い長大息ためいき気勢けはいがする。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
モリエエルは机上の稿本をつかんで足下あしもとなげう長大息ちやうたいそくして長椅子デイヷンに倒れる。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
「あゝ、大事去れり」と行徳は涙をふるつて長大息ちやうたいそくせり、
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
長大息しんこきゅうを一つすると、もう昇降口から、艦内へ呼び戻されるという次第だった。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)