“金員”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きんいん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“金員”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
因って思うに、到底のうの如きは、金員きんいんを以て、男子の万分の一助たらんと欲するもかたしと、金策の事は全く断念し、身を以て当らんものをと、種々その手段をはかれり。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
いうまでもなく広告の形式はあくまでも一般公衆にてたもので、「チャアリイの発見、もしくはその所在を知るに役立つ報道をもたらした人へはそうとう以上の金員きんいんを呈する」むねをわざと簡単に記すにとどまり、犯人に警戒させないために深甚しんじんの注意を払ってあった。
チャアリイは何処にいる (新字新仮名) / 牧逸馬(著)