“輾転反側”の読み方と例文
読み方割合
てんてんはんそく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
正月が来たけれど、喪中だった。三日をヒッソリ暮して、四日の御用始めに出勤した小室君は俄に腹痛を催して、輾転反側した。
秀才養子鑑 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
夫に対する愛と憎の輾転反側が伸子の心にまた力を盛りかえした。彼女はどこにいても苦しかった。それ故どこにか心の休憩所を欲して動きまわる。
伸子 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
しかし、この救済は、らにうろうろするだけで、ワナにかかった一方の貉の煩悶を救うことも、束縛を解放してやることもできないのです——二つ相抱いて周章狼狽、輾転反側している。
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)